スマホやパソコンはほうれい線ができる原因になる?

スマホやパソコンがほうれい線の原因に?その理由と対策は?

最近では若い人でもほうれい線が出来てしまう人が増えています。

その原因はスマホやパソコンです。

スマホやパソコンを使いすぎると顔がたるんで老け顔の原因になります。

でもだからといって、今日からスマホやパソコンの使用は一切禁止!というわけにもいかないですよね。

そこで、どうしたらいいのか対策法を紹介します。

スマホやパソコンがほうれい線の原因に?その理由と対策は?

スマホやパソコンの使い過ぎに要注意!

ほうれい線は加齢によるものが大きな原因というのが一般的でしたが、最近では若い人でもほうれい線が出来てしまっている人が増えています。

その原因はスマホやパソコンです。

今や私たちの生活には欠かせないものですが、このスマホやパソコンを見ている時間が長い人ほど要注意です。

スマホやパソコンでほうれい線が出来る理由

ではなぜ、スマホやパソコンでほうれい線が出来てしまうのでしょうか。その理由を紹介します。

姿勢が悪い

スマホやパソコンを見る時はどうしても姿勢が悪くなりがちです。

特に、スマホを操作している時は、スマホを下に持ち、顔を下向きにしていると思います。

長時間顔を下向きの状態でいると、頬の重さの影響で下に垂れ下がってしまい、ほうれい線や老け顔の原因になります。

またパソコン作業でも、前かがみの姿勢になりやすいので、頬がたるみやすく、頭皮が固くなったり首や肩が凝ったりと、血行が悪くなって老け顔になりやすいです。

無表情になる

スマホやパソコンを操作している間は無表情になりがちです。

一日中デスクワークなどで無表情でパソコンの画面を見ていると、表情筋の運動不足となり、筋肉が硬くなって衰えていってしまいます。

すると頬の肉を支えきれずに、重力の影響で垂れ下がってしまいます。

目が疲れる

長時間スマホやパソコンの画面を見ていると、瞬きの回数が減って目が乾いたり、目が疲れてしまいます。

目が疲れると、老廃物や血液・水分の流れも滞ってしまいたるみの原因となります。

対策法は?

生活の必需品でもあるスマホやパソコンを今日から一切禁止!というわけにもいかないですよね。

では、どのように対策をしたらいいのでしょうか。

姿勢を正す

スマホやパソコンを操作する時は姿勢を正すように心がけましょう。

スマホを見る時は、スマホを目線の高さにまで持って見るようにすれば、目線を水平に保つことが出来ます。

口角を意識的に上げる

スマホやパソコンを見ている時は、どうしても口角が下がって無表情になりがちです。

口角が下がった状態が続くとたるみの要因となりますので、口角を意識的に上げるようにしましょう。

周りに人がいない場合は、「あいうえお」と口を大げさに動かして発音するなど、口元や顔の筋肉を意識的に動かすようにするといいでしょう。

スマホ・パソコンの使用時間を減らす

スマホやパソコンの使用時間を極力減らすようにしましょう。

仕事でパソコンを使っている方などは難しいかもしれませんが、1時間ごとに休憩を取るようにしたり、休みの日はデジタル機器を一切見ないようにするなどして、少しずつでもいいので使用時間を減らすよう心掛けましょう。

ホットアイマスクを使用

目の疲れを放置していると、血行不良が原因で老け顔の原因となってしまいますので、ホットアイマスクで疲れ目を解消するといいでしょう。めぐりズムなんかが人気ですね。

その他にも、湯船に浸かるようにしたり、マッサージをするなどして目元の血行を促進させてあげるのが効果的です。

寝る前はデジタル機器は使用しない

寝る前はスマホやパソコンなどのデジタル機器は見ないようにしましょう。

目に光が入り刺激があると、睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌に悪影響を与えてしまい、睡眠の質を下げてしまいます。

睡眠は肌の新陳代謝に非常に重要であり、しっかりと身体を休めるためにも、寝る前(最低でも一時間前)のデジタル機器の使用は控えるようにしましょう。

ほうれい線に効くマッサージ

ほうれい線には顔の血行を良くするマッサージがおすすめです。

【マッサージ方法】
・手のひらをこめかみ部分にグッと押し付け、円を描くように内側から外側へと10回ほどまわします。

・頬の下のくぼんだ箇所を、人差し指から薬指までの四本の指を使って、下から上へ持ち上げるようにほぐします。

・カギ型にした人差し指と親指を使って、アゴ先から耳の下に向かってつまみながらほぐしていきます。

・顔のエラ部分をつまんで、円を描くようにほぐします。

・最後に鼻の横当たりに手のひらを当て、こめかみに向かってゆっくりとほぐしていきます。

※マッサージをする際は肌へ負担をかけないよう、クリームやオイルを塗ってから行うようにしましょう。
※入浴中などの体が温まっている時に行うとより効果的です。

エクササイズで表情筋を鍛える

頬の皮膚がたるまないように、表情筋を鍛えるようにしましょう。

ほうれい線には以下のべろ回しエクササイズが効果的です。

【エクササイズ方法】
・口は閉じたまま、舌先をほうれい線に沿って内側から押し出すように時計回りに5回まわします。

・反対周りに、同様に5回まわします。

・上記を1セットとし、3セット行います。

※まわす時はゆっくりと、ほうれい線に内側からアイロンをかけるようなイメージで行うのがポイントです。

しっかりスキンケアを

ほうれい線対策にはスキンケアも非常に重要です。

ほうれい線に効くおすすめ化粧品を紹介します。

DECENCIA アヤナス

【まずはお試し下さい訴求】アヤナストライアルセット

DECENCIA(ディセンシア)アヤナスは、敏感肌のエイジングケアに着目したセラミド保湿化粧品です。

人体に存在するセラミドと同じ構造のヒト型セラミドをナノサイズにしてカプセル化することで、高い保湿力や浸透力を実現しています。

また、ハリや弾力を生み出す繊維芽細胞を活性化する働きがあり、コラーゲン生成をサポートしてくれます。

そのため、保湿だけでなく内側からしっかりとリフトアップしさせ、押し返すほどのハリと柔らかさに満ちた肌へと導いてくれるのです。

公式サイトへ>>「DECENCIA アヤナス」公式ページへ

ビーグレン QuSomeリフト

ビーグレン QuSomeリフトは、ほうれい線やたるみに着目して開発されたマッサージ美容液です。

5つのリフトアップ成分「化プロオイルテトラペプチド-3」「トリペプチド-10シトルリン」「シャクヤク根エキス」「キサンタンガムクロスポリマー」「クダモノトケイソウ果実エキス」が配合されています。

この有効成分を「QuSome(キューソーム)」という独自の浸透テクノロジーにより、美容成分を各層の奥まで届け、肌の中で長時間留まらせることで、その効果を持続させることを実現しました。

そのため、肌の内側からハリや弾力を与え、たるみによって出来てしまったほうれい線をしっかりとリフトアップしてくれます。

公式サイトへ>>「b.glen(ビーグレン)」公式ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP