ほうれい線手術はリスクがいっぱいで危険

効果は手術並み!メスを使わない「ほうれい線」治療がすごい

手術並みのほうれい線治療とは
ほうれい線を解消させるために手術を検討されている人も多いかもしれません。しかし、手術は即効性があり効果がすぐに出るといったメリットの反面、身体に大きな負担をかけてしまったり、経済的な負担が大きくのしかかってくるといったデメリットがあります。

また、手術の場合どうしても失敗というリスクがついてきてしまいます。万が一失敗してしまったら取り返しのつかないことになります。

最近ではヒアルロン酸注入という、注射を使用した気軽にできるほうれい線治療がありますが、こちらも実はリスクがあるのです。

ヒアルロン酸注入は危険

ヒアルロン酸注入は値段もお手頃で気軽にできることから、施術を受けたことがある人も多いでしょう。しかしヒアルロン酸注入にはリスクが伴い、過去にいくつも失敗例が存在しているのです。

失敗例の一つとして、日本のとある美容クリニックでは、ヒアルロン酸注入の施術を受けた患者の小鼻が壊死してしまったという事例があります。これは医師のミスで患者のほうれい線の下にある動脈にヒアルロン酸を打ってしまったことで、鼻の皮膚につながる血管がふさがってしまい、壊死することになってしまったのです。

本来、医師はこのようなミスが無いよう細心の注意を払って施術をしないといけないのですが、医師の技術不足のため、このような医療事故が起きてしまったのです。

このように、手術には負担やリスクがどうしてもつきものです。そのため私は基本的にはほうれい線解消に手術はお勧めしていません。

ただし、どうしても手術並みの効果がすぐに欲しい!といった場合もありますよね。そこでおすすめしたいのが、メスを使わずに直接真皮に働きかける若返り治療法である「サーマクールCPT」です。

手術並みの効果が得られる「サーマクールCPT」とは


「>サーマクールCPT」とは皮膚を傷付けることなく真皮に働きかけ、切らない治療でたるみを引き締める画期的な若返り治療法です。

即効性がありますので、治療後すぐからシワ・たるみ改善効果を実感できます。
詳しくはKM新宿クリニック公式サイトをご覧ください。公式サイトはこちら⇒⇒【KM新宿クリニック】メスを使わないたるみ治療「サーマクールCPT」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP