あなたは間違ったほうれい線ケアをしていませんか?

間違ったほうれい線ケアしてない?正しいケアをしていないと大変なことに!?

ほうれい線が目立ってくると、早く何とかしなければと、一生懸命ケアをする人も多いかと思いますが、実はそのケア間違っているかもしれませんよ?

間違ったほうれい線ケアを行い続けていると、改善するどころか、余計にしわが深くなる一方です。

そんなことにならないよう、正しいほうれい線ケアをするように、気をつける必要があります。
間違ったほうれい線ケアしてない?正しいケアをしていないと大変なことに!?

間違ったほうれい線ケア例

あなたはこんな間違ったほうれい線ケアを行っていませんか?

良かれと思ってやっていることが、実は逆効果だったりもします。まずはそんな例をご紹介します。

強すぎるマッサージ

マッサージは確かにほうれい線対策に有効です。

しかし、ほうれい線を消そうと必死になって思い切り皮膚を伸ばしたり、強い力でマッサージしていたりしませんか?

このようなマッサージをしていると、皮膚が伸びてたるんでしまったり、肌に負担がかかり弾力がなくなったりしてしまい、ほうれい線が深くなる原因になります。

マッサージはあくまでも適切な箇所を、適切な力で、適切な方向に行うことが大前提です。

エステティシャンはこの前提をしっかりと把握して正しいマッサージ方法で行うので効果がありますが、素人が何の知識もなく間違った方法で行うと、ほうれい線を悪化させることになるので注意が必要です。

ほうれい線を触る

もうひとつ、マッサージでやってしまいがちなのが、ほうれい線を触ってしまうことです。

ほうれい線が気になるからと、ほうれい線を一生懸命マッサージしている人もいるかもしれませんが、実はそれ間違っているんです。

ほうれい線ができる原因はさまざまですが、最も大きな要因としては、頬周辺の筋肉が凝り固まり、口元周辺の筋肉が衰えることです。

特にほうれい線のしわ部分というのは、弾力が無くなり伸縮ができなくなっています。そのしわを余計にマッサージするとさらに弾力が無くなり、深くしわが刻まれてしまうのです。

マッサージをする時は、ほうれい線を直接触るのではなく、頬や鼻筋をほぐすようにマッサージをしてください。

過度な表情筋トレーニング

表情筋の衰えはほうれい線の原因のひとつです。そのため、表情筋トレーニングを行い、表情筋を鍛えることはほうれい線予防や改善に効果的なのです。

しかし、効果を出そうと、あまりに大げさに行うと、必要の無い筋肉にも力が入ってしまい、変な癖がつくことで、しわができてしまう可能性があります。

また、無理して回数をこなし過ぎるのもよくないと言われています。その理由としては、回数をやり過ぎると当然筋肉の疲れが強く出てしまい、効果が出る前に嫌になって諦めてしまうことに繋がるからです。

あせらず地道にじっくりと基本の回数を続けていくほうがいいのです。

正しいマッサージでほうれい線ケア

ほうれい線に効果のある正しいマッサージをご紹介します。

ほうれい線マッサージ1

・人差し指・中指・薬指の3本の指の腹を使って頬骨のすぐ下をぐっと押さえます。

・皮膚の表面をこすらないように注意して、3本の指を皮膚ごと左右に10回動かします。

・3本の指の抑える位置を指1本分下にずらし、同じように左右に10回動かします。

上記3回繰り返します。

ほうれい線マッサージ2

・右手の親指以外の4本の指を左のほうれい線の開始地点あたりで軽くおさえ、左手の親指以外の4本の指を右のほうれい線の開始地点あたりで軽くおさえます。

・親指はそのまま口の中に入れ、親指の腹の部分を使って、ほうれい線を頬の内側の上の部分から下へ軽くさすります。

・ほぐれるまで念入りに行います。

表情筋トレーニングでほうれい線ケア

正しい表情筋トレーニングを行うことは、非常にほうれい線に効果的です。

効果の高いおすすめの表情筋トレーニングをご紹介します。

表情筋トレーニング1

・口の中に空気を入れて頬を思いきり膨らませます。

・このまま10秒間キープします

・今度は反対に頬を凹ませ口をすぼませた状態にします。

・このまま10秒間キープします

表情筋トレーニング2

・口を「オー」の形にし、頬の筋肉を引き延ばすように大きく縦に伸ばします。

・口を「アー」の形にし、頬の筋肉を持ち上げるようにします。

上記10回繰り返します。

表情筋トレーニング3

・500mlの空のペットボトルを用意し、女性の場合は100ml、男性の場合は150mlの水を入れます。※水の量は適宜変えてください。無理はしないでくださいね。

・前を向いた状態で水の入れたペットボトルを歯を使わないように唇の力だけで咥えます。

・咥えたペットボトルを上下左右に動かします。

・10秒間動かすのを1セットとし、これを3セットを目安に行います。

まとめ

いかがでしたか?「間違ったほうれい線ケアをしてたー」なんて人もいたのではないですか?

ですが、そんな人でも正しいケアをするようにすれば大丈夫です。

今日から正しいケアをしてほうれい線とおさらばしちゃいましょう(^^)/~



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP