ヒアルロン酸注入には失敗のリスクや危険性が!やらない方がいい?

ヒアルロン酸注入には失敗のリスクや危険性が!やらない方がいい?

ヒアルロン酸注入には失敗のリスクや危険性が!やらない方がいい?
ヒアルロン酸注入とはほうれい線などのしわやたるみを注射一本で手軽に治療できる方法であり、手術と比べると安全な印象を持っている人が多いかもしれませんが、実際には失敗のリスクや危険性があります。

ヒアルロン酸注入のリスクとは

ヒアルロン酸注射をした後は毛細血管を傷つけて内出血や腫れが出る可能性があります。特に目の周辺はほかの部位よりも皮膚が薄く血管が集中しているので、内出血する可能性が高いのでより注意が必要です。

また、ヒアルロン酸を血管に注入すると、皮膚が壊死してしまう危険性もあります。実際に日本の某有名美容クリニックにて、ほうれい線にヒアルロン酸注入をした患者さんの小鼻が壊死してしまうということがおきました。原因は医師がほうれい線下の動脈にヒアルロン酸を注射してしまったことで、鼻の皮膚につながっている血管が詰まって血液の流れが止まってしまい、鼻の皮膚に栄養や酸素が行き渡らなくなってしまった為、皮膚が壊死してしまったのです。
このように施術をする医師の技術によって注入箇所を間違えてしまい、失敗につながる危険性があります

さらに、ヒアルロン酸を入れ過ぎたり同じ個所に何度も注入すると、ヒアルロン酸が皮下組織に変わりしこりや凸凹ができてしまうといったリスクもあるのです

ヒアルロン酸注射の効果は永久ではない

ヒアルロン酸注射の効果は永久ではありませんので、定期的に注射を打つ必要があります。そのため、上記で挙げたような危険性(内出血や壊死等)が起きる確率も高くなります。一度行うとやり続けなければならない、たいへん依存性の強い施術であり、危険性も強いものであるということだけは覚えておいてください。

根本から解決させることが大切

確かにヒアルロン酸注射は、ほうれい線などのしわやたるみを改善させる有効な手段ではあります。しかし上で挙げたような失敗のリスクや危険性、効果は永久ではないといったデメリットがあるのが事実です。
その為、ヒアルロン酸注射のような、リスクあるその場だけの方法よりも、効果の高いクリームなどを使って根本からしっかりと解決させることが大切だと私は思います。

おすすめは保湿だけでなく、ハリや弾力を生み出す繊維芽細胞を活性化する働きがあり、コラーゲンの生成をサポートしてくれるDECENCIA アヤナスです。

アヤナスはCVアルギネートに、お肌深層にあるコラーゲンやヒアルロン酸といったハリや弾力を生み出す繊維芽細胞を活性化する働きがあり、コラーゲンの生成をサポートしてくれます。

内側からしっかりとリフトアップしさせ、押し返すほどのハリと柔らかさに満ちた肌へと導いてくれます。
少しでも気になる方は公式サイトに詳細が載っているので、一度公式サイトをのぞいてみることをおすすめします。

【まずはお試し下さい訴求】アヤナストライアルセット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP