ヒアルロン酸注入は危険!?クリームでほうれい線は消せる

ヒアルロン酸注入はちょっと待って!安全なほうれい線対策を紹介

ほうれい線を目立たなくさせる方法の一つにヒアルロン酸注入がありますが、このヒアルロン酸注入はリスクを伴うものであることをみなさんご存知でしょうか。

ヒアルロン酸注入によるリスク

内出血・腫れ

ヒアルロン酸注入には針を使用するため、傷をつけてしまい内出血が起きる可能性があります。針は細いのでそれほど目立たないのでは?と思われるかもしれませんが、内出血がひどい場合などは腫れが出てしまうこともあります。腫れは数週間経てば引くようですが、痕が残ってしまう可能性もあることを念頭においておきましょう。

血行障害

血行障害とは、血液の流れに障害が生じている状態のことをいいます。血行障害が起きると痛みを伴い、最悪の場合血管が塞がり、皮膚に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまい、壊死してしまう可能性があります。

ヒアルロン酸注入による血行障害は鼻の近辺に起きやすいと言われており、その他の部位でも起きる可能性は0ではありません。

目の周りで血行障害が起きてしまうと視力低下や場合によっては失明してしまうこともあります。

凹凸

目の周りなどの皮膚の薄い箇所にヒアルロン酸注入を行った場合、凹凸ができてしまうことがあるそうです。見た目がでこぼこしてしまえば、化粧で隠すのも難しくなってしまいます。数週間待っても消えないといったバイには溶解注射で溶かすといった方法もあるようです。

しこり

ヒアルロン酸は元々体内にあるものですので、ヒアルロン酸を注入された場合、体内に吸収されるのが普通なのですが、ときたま吸収されずにしこりとして残ってしまうことがあります。

一か所に何度も注入したり、量が多かったりすることで、しこりとなってしまうことが多いようです。

しこりができるだけならまだいいのですが、しこりに菌が付着して感染を起こすことで腫れてしまうこともあるのです。

アレルギー反応

ヒアルロン酸は元々体内にあるものですので、基本的にアレルギー反応は起こさないと言われています。

しかし、注射で入れるヒアルロン酸は、元々人が持っているヒアルロン酸とは分子構造が微妙に違っています。それを異物と認識してしまいアレルギー反応を起こすことがごくまれにあるそうです。

ヒアルロン酸注入では根本解決にならない

ヒアルロン酸注入は即効性に優れているので、すぐに効果が実感できる反面、持続性は低く、持続効果はおよそ3か月~半年程度と言われています。

持続させるためには少なくとも半年に一度は注射をし続けなければならないことになります。

上記でも説明したとおり、注射をし続けるとなるとリスクを常に背負わなければならなくなってしまいます。

ヒアルロン酸注入はあくまでも一時的な効果を得るためのものであって、根本的な解決になるものではないという認識を持っていただきたいです。

根本解決!安全なほうれい線対策はクリームで

私としては、やはりお肌やお顔の悩みを根本から解消するべきだと思っています。

そこで紹介したいのがほうれい線に効果的なクリームです。もちろんリスクはありませんので、安心して使うことができます。

おすすめクリーム1:アヤナス

【まずはお試し下さい訴求】アヤナストライアルセット

アヤナスは保湿だけでなく、ハリや弾力をアップさせる効果があります。

お肌深層にあるコラーゲンやヒアルロン酸といったハリや弾力を生み出す繊維芽細胞を活性化する働きがあり、コラーゲンの生成をサポートしてくれます。

そのため、リフトアップ効果や押し返すほどのハリと柔らかさに満ちた肌へと導いてくれる効果が期待できます。

公式サイトはこちら >>> アヤナストライアルセット

おすすめクリーム2:フィトリフト オールインワンゲル

フィトリフト オールインワンゲルはオールインワンクリームです。
オリジナル開発成分である「フィト発酵エキス」を配合しています。

これは3大美容成分である「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」よりも、強力なエイジングケア効果と高い安全性を併せ持っているとして、今注目を集めています。

また、バラエキスやダイズエキスなどといった、多くの美容成分が詰め込まれています。

無香料・無着色で、界面活性剤不使用、鉱物油不使用、パラベンフリーなので敏感肌の方にも安心して使用できるのも嬉しいところですね。今なら1980円で試せます。

公式サイトはこちら >>> 口元、目元、毛穴の開き…。新登場!ハリネット処方で、速効!「10秒」でピーン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP