目の下の筋肉を鍛える筋トレでたるみを解消させる方法

目の下の筋肉を鍛える筋トレでたるみを解消させる方法

目の下の筋肉を鍛える筋トレでたるみを解消させる方法人はどうしても目線が目元に行きがちですから、目の下がたるんでいるとどうしても老けた顔の印象を持たれてしまいます。目の下のたるみは20代後半から出来始め、30代・40代と歳を重ねるにつれどんどん進行してしまいます。また、目の下がたるむことで頬全体もたるんでしまい、ほうれい線の原因にもなります。

ですが、しっかりと対策を行うことで目の下のたるみは消すことが可能です。手遅れになる前にしっかりと対策をするようにしましょう。

そもそも目の下がたるむ原因ですが、主に加齢などによって目の周囲の筋肉(眼輪筋)が衰えていき、脂肪が前に飛び出してきてしまい皮膚が下がるためです。目の周囲というのは皮膚が薄いのでたるみが目立ちやすい箇所と言えます。

そこで今回は目の下の筋肉を鍛える筋トレで、たるみを解消する方法をご紹介したいと思います。

目の下の筋肉を鍛えるトレーニング方法

人差し指と中指の腹を使って行っていきます。
その方法はこちら↓↓

1)中指は目頭を押さえ、人差し指は目じりを押さえます。
2)自分の額を見るようなイメージで、目線を上にあげます。
3)そしてまぶしい時に目をつぶるように下まぶただけを上に持ち上げます。
※下まぶたがぷるぷるしてその振動が中指と人差し指に伝わってきたら正しくできている証拠です。
4)この下まぶたを持ち上げる、緩めるという動作を10回繰り返し、10回目の時に下まぶたを持ち上げた状態で40秒数えます。

慣れるまでは鏡の前に座って自分の顔を見て確認しながらやるといいですが、簡単にできるので慣れてきたらトイレの中やテレビCM中なんかに気軽にできちゃいます。ただ、一つだけ注意点を挙げるとすると、押さえている中指と人差し指に力を入れ過ぎて目頭や目じりにしわが寄らないようにしましょうね。

朝・昼・夜の計3回を目標に、無理せず続けていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP