目の下のたるみを解消して、いつまでも若々しい素肌を目指しましょう

目の下のたるみを解消しよう!その解消法とは

ふと電車の窓に映る自分を見たら、目の下がたるんでいて疲れているように見える…なんてことはありませんか?目元は年齢がかなりでやすい部分、目の下がたるんでいるだけで老けて見えてしまうので、一刻も早く解消したいですよね。そこで、今回は簡単にできる目の下のたるみの解消法をご紹介したいと思います。

目の下たるみの解消

目の下のたるみの原因

加齢よるたるみ

眼球の下には眼球のクッションの役割をする「眼窩脂肪」という脂肪があります。太っていても太っていなくてもこの脂肪が年齢によって溜まっていき、重力に負け下垂していきます。

筋肉の低下によるたるみ

脂肪を包む皮膚を支えている働きをしているのは筋肉です。顔にはいくつもの筋肉が張り巡らされており、この顔の筋肉が衰えてくると、皮膚を支える力が弱くなり、たるみの原因になってしまいます。

肌弾力の低下によるたるみ

肌のハリを保ってくれる働きをしてくれるコラーゲンやエラスチンの量が減ってしまうことで、目元・目じりのしわやたるみの原因となってしまいます。

目の下のたるみ解消法1:目の周りの筋肉を鍛えるエクササイズ

目の下のたるみの原因が分かったところで、実際に解消法を見ていきましょう。まずは、目の周りの筋肉というのは非常に弱いため、意識的に目の周りの筋肉を鍛えてあげることで、目の下のたるみ解消につながっていきます。目の周りの筋肉を鍛える方法はいくつかあるのでご紹介します。

ウインクエクササイズ

まず頬骨の上に人差し指をそっと軽く押さえます。その状態のまま左右交互にウインクします。左右合わせて20~30回ほど行います。「ただウインクするだけ?」と思われる方もいるかもしれませんが、筋肉が衰えていればいるほど、ウインクをやりにくいことに気が付くはずです。慣れてきたら回数を徐々に増やしていくといいでしょう。

下まぶた上げエクササイズ

人差し指を目尻に、中指を目頭に置きます。この時目頭や目じりにしわが寄らないようにしてください。そして、鼻の下を前歯にくっつけるようにして上方向を見るようにして、まぶしい顔をする時のように下まぶただけを縮めます。この下まぶたを縮める緩めるという運動を10回繰り返します。
10回繰り返したら、下まぶただけを思いきり縮めた状態にして、頬を押し上げ笑顔を作ります。目は上方向を向いて40秒キープして終了です。

白目エクササイズ

人差し指を目尻に、中指を目頭に置きます。鼻の下を前歯にくっつけるようにして目を閉じます。目を閉じたままで、黒目を上にあげ白目の状態にします。そして目を開け(※白目状態はキープしたままです)1分間の間に上まぶただけを使ってまばたきをします。

目の下のたるみ解消法2:表皮の下のコラーゲンに水分補給

目の下は皮膚が非常に薄くデリケートな部分です。コラーゲン組織の水分を補給してたげることで、たるみのないハリのある肌を保つことが出来ます。表皮をしっかりと保湿することはもちろんのこと、さらに大事なことは真皮内のコラーゲンやエラスチンなどの潤いを保つことが大切です。

化粧品によるハリ感アップ

【まずはお試し下さい訴求】アヤナストライアルセットスキンケアとして保湿能力が最も優れているのは「セラミド」をはじめとする細胞間脂質の保湿成分です。
なかでもDECENCIA アヤナスは、敏感肌のエイジングケアに着目したセラミド保湿化粧品のため非常におすすめです。もちろん保湿だけでなく、ハリや弾力を生み出す繊維芽細胞を活性化する働きがあり、コラーゲンの生成をサポートしてくれます。

美顔器を使ったイオン導入でハリ感アップ

美顔器イオン導入機能の付いた美顔器は、目の下のたるみの原因である真皮内のコラーゲンの衰えを回復させるのにかなり効果的です。化粧品だけでは届かない表皮の奥深くである真皮にまで保湿成分を浸透させることができるので、たるみ解消にはもってこいなんです。

ただ美顔器だと値段が…と心配される方も多いかもしれませんが、エステナードROSEであれば、980円という驚きの価格で試せてしまいますので、効果を感じられなかった時のリスクがほとんどないので安心です。是非一度お試しください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP