間違ったシェービングは肌への負担が大きいので注意

間違ったシェービングは肌への負担が大きいので注意

間違ったシェービング間違ったシェービングを行っている男性は注意が必要です。シェービングなどの普段行っている手入れを間違っていると、肌への負担が増え肌状態が悪くなってしまいます。「スキンケア」と聞くと、男性にとっては特に難しく聞こえるかもしれませんが、日常行っているお手入れを見直すだけであれば、そう難しくありませんよね。

男性にとってシェービングは毎日欠かせないものだと思います。この髭剃りですが、実は肌への負担が大きいのです。毎日当たり前のように行っているシェービングによって、肌の老化を進めてしまっている可能性もあります。「じゃあヒゲ剃れないじゃん」と思われるかもしれませんが、あくまでもそれは誤ったシェービング方法を行った場合です。

正しいシェービングが出来ていないばかりに、肌表面の角層や皮膚膜を削ってしまい、傷をつけてしまっている場合があります。

それでは、正しいシェービングをするにはどうすればいいのでしょうか。いくつかポイントがあるので紹介したいと思います。

切れ味の良いシェーバー・カミソリで行う

シェーバーの切れ味が悪いと、肌を痛め角質を剥がしてしまう可能性があります。切れ味が悪くなったら新しい刃に変えるようにしておきましょう。そして使用後は忘れずに洗浄を行うようにし、切れ味には常に注意するようにしましょう。

シェービングを開始する前に肌を湿らせておく

ヒゲは想像以上に固いものです。事前に肌を湿らせてヒゲを柔らかくしてあげる必要があります。そのため、シェービングをするおすすめの場所はお風呂です。入浴中に濡れタオルで顔を覆うのもいいですし、お風呂に浸かる時間が長い人は特になにもしなくても十分OKです。濡れタオルを使う際の注意点は、くれぐれも熱すぎるタオルは使わないようにするといった点です。あまり熱いものだと、皮膚への負担が大きくなり、肌を傷つけることになります。

シェービングクリームを使う

シェービングクリームを使うと、剃りやすさが向上するだけでなく、肌への負担を軽減させます。シェービングクリームを選ぶ際のポイントとしては、しっかりと肌を保護してくれる、肌に優しいものを選ぶようにするといいです。保湿成分であるシアバターやハチミツが含まれているものがいいでしょう。リラックス効果も期待できるので、自分の好きな香りのものを選んで、楽しむのもいいですね。

髭剃り後にしっかりとローションで保湿を

カミソリでヒゲを剃った後は非常に乾燥しやすいです。カミソリ後はローションなどで水分補給を行うようにすることで、肌への負担は大きく減ります。シェービング用のローションでおすすめなのがプレミアムアフターシェイブローションです。これは、女性ホルモン(エストロゲン)作用のあるイソフラボン、特にイソフラボン中のアグリコン型に着目して、男性の髭の発生抑制(抑毛)をターゲットにしたローションです。男性のヒゲのお悩みと、デリケートなお肌のことを考え、本当に必要なものを厳選し高配合した商品なので非常におすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP