女性の大敵である「お肌の曲がり角」は何歳から?

お肌の曲がり角っていつ?スキンケアの見直しは必要?

お肌の曲がり角
お肌の曲がり角についてご存知ですか?

お肌が一番きれいで潤い輝いているのは初潮から成人式を迎えるまでと言われています。

この頃はなんのケアをしていなくともハリやツヤがあり、潤いにみちあふれていますね。

そしてそこから個人差はありますが23~25歳くらいになるとお肌の調子がなめらかに下降していきます。

ここがお肌の曲がり角と言えます。

しかし、お肌の衰えを本人が自覚するのは20代後半から30代前半が最も多いようです。

つまり、一般的には30歳前後でお肌の衰えを実感される方が多いようですね。

お肌の曲がり角は2度やってくる?

そして、恐ろしいことに、このお肌の曲がり角というのは人生の中で2度やってくると言われており、1度目のお肌の曲がり角ではなめらかな下降でしたが、40代後半に起こる2度目のお肌の曲がり角では急激な下降が起きると言われています。

基本的に成人式を超えたあたりからお肌は下降まっしぐらなわけですが、その下降具合がその人の生活習慣やケア方法などによって、なめらかに平行線をたどりながら下降していく人や、急降下していく人、といった具合に分かれていくのです。

お肌の曲がり角を実感するのはどんな時?

ちなみに、お肌の曲がり角を実感するときはどんな時かと言うと

「肌のハリや潤いがなくなった時」
「小じわが目立つようになった時」
「ほうれい線がくっきりと目立つようになった時」
「疲れてもないのに疲れ顔になっていた時」

といったものが挙げられます。

対策は?

では、お肌の曲がり角を実感しないためには、どんな対策をしていけばいいのか見ていきましょう。

毎日のスキンケアをしっかりと

まずは地道に毎日のスキンケアをしっかりと続けるようにしましょう。

年齢を重ねるごとに水分保持力は低下していくものです。

洗顔の際には肌本来の潤いを損なわないように、肌表面の皮脂を摂り過ぎないように注意するようにしてください。

洗顔後はしっかりと保湿をするように心がけましょう。

化粧水を使って水分補給した後はしっかりとクリームを使って蓋をしてあげてくださいね。

UVケアもしっかりと

そして次に気を付けてほしいのは、肌の老化の大きな原因と言われている紫外線。

UV対策をしっかりと行って紫外線を避けるようにしてください。

夏だけやってればいいと思われている方もいるかと思いますが、夏以外でも紫外線は降り注いでいます。

年間を通してしっかりと続けるようにしてください。

生活習慣を見直す

それから、生活習慣にも気を配るようにしましょう。

肌の新陳代謝を活発にする成長ホルモンが盛んに分泌される22時~2時のゴールデンタイムはなるべく寝るように心がけましょう。睡眠中は肌の再生力が特に活発になるのです。

とはいっても仕事も忙しいですしなかなか難しいのが現状だと思います。可能であれば日付が変わる前までには就寝するようにし、睡眠時間も6~8時間ほど取るといいですね。

バランスのとれた食事を

バランスの取れた食事を心がけることも大切です。

食事で身体の内側から成分を補給してあげましょう。

美肌に良いと言われている栄養素は、ビタミンA(レバー、緑黄色野菜など)で、乾燥や小じわに効果があるといわれています。

その他、肉や魚に含まれるたんぱく質はハリやツヤに効果的であり、大豆や植物油などに含まれるビタミンEは老化予防に効果的であると言われています。

身体にいいからと言ってとある栄養素だけ偏って摂取するようなことはしないようにしましょう。

あくまでもバランスよく摂ることが大切です。

まとめ

肌が衰えていくのは仕方のないことだからと諦めずに、日々の生活習慣やスキンケアを見直すことで、いつまでも若々しく美しい肌を維持しましょう♪♪

【まずはお試し下さい訴求】アヤナストライアルセット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP