おすすめの赤ちゃん用スキンケア方法&商品を紹介!

赤ちゃんのためのスキンケア方法とは

赤ちゃんのためのスキンケア方法とは
若々しくて綺麗なの肌の人のことを「赤ちゃん肌」と例えることがあるように、赤ちゃんの肌はハリがあってもっちもちですね。なので大人と比べて赤ちゃんの肌はうるおいもたっぷりでスキンケアなんて不要、なんて思われがちです。

しかし赤ちゃんの角質層の水分量は大人よりもずっと少ないんです。角質層よりも上のお肌の一番外側には皮膚膜と呼ばれる水分の蒸発を防ぐバリアの役割をもつ膜があるのですが、生後2か月を過ぎたあたりから、皮脂の分泌量は急激に減っていくのです。

うるおいたっぷりと思われがちな赤ちゃんのお肌ですが、実際は大人と比べてずっとデリケートで、とっても乾燥しやすいのが特徴です。その為赤ちゃんにもしっかりとしたスキンケアをしてあげる必要があるのです。

赤ちゃんのためにできるスキンケア方法とは

赤ちゃんのためにできるスキンケア方法の基本は、まずは「綺麗に洗うこと」、そして「保湿をしっかりとすること」です。

赤ちゃんは食事の時には口の周りをよく汚しますので、汚したらすぐに拭くなどして綺麗にしてあげましょう。また、汗をかいてそのままの状態にしておくとあせもの原因にもなりますので、早めにタオルで優しく拭いてあげて、自宅にいる場合はさっとシャワーで流してあげるといいでしょう。常に肌を清潔に保ってあげることが大切です。

しかし注意点として、肌を清潔に保つのが大切だからと言って洗浄剤の使い過ぎはしないようにしましょう。使いすぎると乾燥を引き起こし肌トラブルの原因となりますので、洗浄剤を使うのは1日1回までとしてください。

ボディソープ・洗顔ソープは無添加のものを

赤ちゃんの肌は非常にデリケートです。ボディーソープや洗顔ソープはお肌に優しい無添加のものにしましょう。おすすめは無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》です。

「Dolci Bolle」は無添加で敏感肌や乾燥肌の方向けに作られていますので、赤ちゃんはもちろん、家族みんなで使うことができるのが嬉しいですね。

詳細は公式サイトで紹介されていますので、そちらをご覧ください。公式サイトはこちら⇒⇒⇒赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》

保湿が一番大切

肌を綺麗にしたからもう安心!というわけにはいきません。肌を綺麗にした後はしっかりと保湿をしてあげるようにしましょう。

赤ちゃんの肌は非常に乾燥しやすいのが特徴です。綺麗にした後は必ず保湿をするように心がけるようにしましょう。

ボディソープや洗顔ソープで洗った後はもちろんですが、タオルなどで拭いた後も肌のうるおいは奪われてしまいますので、汗を拭いた後や、口の周りを拭いた後もしっかりと保湿をしてあげるようにしましょう。

保湿ケアは小まめにしてあげることがポイントです。

赤ちゃんへの保湿は「プルミー」がおすすめ

赤ちゃんの肌はデリケートですので、保湿ができればなんでもOKというわけにはいきません。お肌に優しい天然成分が含まれたスキンケア商品を使うようにしましょう。

そこでおすすめなのが、敏感肌&アトピーの方に人気なリピーター商品である「プルミー」です。天然成分スキンケア商品ですので、赤ちゃんにも安心して使用することが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP