ほうれい線は遺伝する?関係性は?

ほうれい線は遺伝する?関係性は?

親のほうれい線が深いから、自分もほうれい線が深くなるに違いないとあきらめている人もいるかもしれません。ですが、果たしてほうれい線は遺伝するものなのでしょうか。

まず、ほうれい線やシワができやすい体質というものがあります。それはMMP1という遺伝子の型によって決まります。この性質は遺伝するので、親から受け継いでいる可能性はあります。

また、ほうれい線ができやすい骨格や筋肉の付き方というのがあるため、こうしたほうれい線の出来やすい顔のつくりが遺伝されると、ほうれい線が遺伝したと思われても仕方のないことなのかもしれません。ほうれい線ができやすい顔のつくりは、あごが細く脂肪や筋肉が少ない華奢な骨格です。脂肪が無いとお肌のハリがなくなってしまいますし、筋肉が少ないと頬の肉を支えることができずたるみの原因となってほうれい線が深くなってしまいます。

ほうれい線遺伝に悩む女性イメージ

しかし、ほうれい線は体質や骨格や筋肉の質だけによるものではありません。
ほうれい線が出来る原因の多くが加齢や生活習慣によるものです。

年齢を重ねると胸やヒップが垂れ下がるのと同じように、顔の頬も垂れ下がってきてほうれい線を生み出してしまいます。ほうれい線の主な原因はこの加齢や筋肉の衰えによる皮膚のたるみです。
つまり、頬の肉付きが良く、筋力がしっかりしている人はいつまでも若々しい肌を保つことが出来ます。

遺伝や骨格を受け継いでも対処法はある!

たとえ、ほうれい線の出来やすい遺伝や骨格を受け継いでしまったとしても、早い段階からほうれい線ケアを行うことで、対処をすることは可能です。逆に適切なスキンケアや生活習慣を送らないと、大変なことになりますので、注意が必要です。

保湿をしっかりと

まず、お肌の保湿はしっかりとしてあげるようにしましょう。

乾燥はお肌の大敵ですし、ほうれい線の原因となりますので、DECENCIA アヤナスなどの保湿に特化した化粧品を使うなどしてしっかりケアをするようにしましょう。

血行を良くする

それから、フェイスマッサージをして顔の血行を良くし、顔の筋肉を鍛えるようにすることも忘れないようにしましょう。

フェイスマッサージをする際はアヤナスを塗る等して肌を痛めないように注意しましょう。

生活習慣も重要

生活習慣にもしっかりと気を配るようしましょう。

下記の項目にひとつでも当てはまる場合は、ほうれい線の原因となっていると考えられますので、改善するように注意しましょう。

・ずっと下を向いてスマホや携帯電話をいじっている
・パソコンを使う機会が多い
・無表情
・無理なダイエットをしている
・片噛み癖がある
・頬づえや横向きで寝る癖がある
・スキンケアを怠っている
・喫煙する
・偏った食生活
・適度な運動をしない
・不規則な生活を送っている

まとめ

ほうれい線は老化・遺伝に関係なく薄くすることが可能です。日常生活で出来ることから始め、正しいスキンケアを行うことを心がけましょう。

【まずはお試し下さい訴求】アヤナストライアルセット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP