40代におすすめのエイジングケア化粧品を紹介!

40代からのエイジングケアで使いたい化粧品は?

年齢を重ねていくとコラーゲンやエラスチンなどが減少し、肌のハリや弾力が失われていきます。

特に40代は第二のお肌の曲がり角と言われており、エイジングケアをするかしないかで、お肌に大きな差が生まれる時期でもあります。

40代からのエイジングケアで使いたい化粧品は?

では40代からのエイジングケアにはどのような化粧品を使えばいいのでしょうか。

40代が化粧品を選ぶ際のポイントとは

40代が化粧品を選ぶ上でのポイントですが、

まず、『保湿力が高い』というのは絶対条件になります。肌が乾燥してしまっている状態では、どんなケアをしても意味がありません。セラミドやヒアルロン酸といった高保湿成分が含まれているものを選んであげるといいでしょう。

次に、しわ・たるみ・シミ・くすみなどの『老化現象に有効な成分が配合されている』ということがポイントになります。

40代にもなると、肌のハリや弾力を保つのに必要なコラーゲンやエラスチンが減少し、ターンオーバーも衰えてきます。

そのため、ビタミンC誘導体やレチノール、アルブチンといったエイジングケアおよび美白成分等が含まれているものを選ぶことが重要になってきます。

40代におすすめエイジングケア化粧品

カプセル内外美容液 「アスタレチノV」

アスタレチノVは、ビューティーオープナーでおなじみである「オージオ化粧品」のエイジングケア美容液です。

体の内側から老化させる原因に着目し、レチノールとアスタキサンチンの2つのエイジングケア成分が大人の肌悩みに直接働きかけてくれます。

高い抗酸化力のある「レチノール」は壊れやすさがネックであり、美容液に配合させるのは難しいと言われていました。しかし、アスタレチノVは「レチノール」をカプセル化して配合することに成功し、効率よく肌内部に浸透させることが出来るため、高いエイジング効果が期待できるのです。

さらに、アスタキサンチンやビタミンC誘導体、ツボクサエキス、ウメ果実エキスといった注目美容成分が多数配合されており、ハリ・ツヤのある輝き溢れるお肌へと導いてくれます。

公式サイトへ>>くすみ、しわ、しみ、たるみなどの老化現象に!「アスタレチノV」

ヒト型幹細胞培養液を配合 「REプラセンタ美容液」

RE[アール・イー]プラセンタ美容液

REプラセンタ美容液は、今話題のヒト型幹細胞培養液を配合した美容液です。

ヒト幹細胞とは、再生医療研究を応用して生み出されたヒト由来の幹細胞エキスであり、高いエイジング効果があると話題になっています。

また、従来の豚プラセンタの約250倍ものアミノ酸を含む国産馬プラセンタエキスを配合しているほか、EGF・FGF・IGFといった成長因子も配合されており、様々な老化現象の予防と解消の効果が期待できます。

多くの皮膚科医やエステティシャンも推奨する美容液です。土台からしっかりとケアが出来るので、他の40代の方と差をつけたいならかなりおすすめです!

公式サイトへ>>ヒト型幹細胞培養液を配合【REプラセンタ美容液】

DMAE配合 「リフト美容液」

リフト美容液は、再生医療研究所グループの日本ライフ製薬が開発した美容液であり、「DMAE」を高濃度に配合しているのが特徴です。

DMAEとは、ジメチルMEAとも呼ばれる魚の脂肪酸に含まれる成分であり、体内に吸収されると「アセチルコリン」に変換され、内側から弾むようなハリ感へと導いてくれます。

また、エイジングケアには欠かせない成分α-リポ酸のほか、カルノシン、ビタミンA・C・E(エース)、メラミーズなどが配合されており、「たるみ」「毛穴」「マリオネットライン」「ゴルゴ線」「乾燥」といった年齢を重ねるごとに気になるお悩みを丸ごとケアしてくれます。

公式サイトへ>>【実感度96%】シャープなフェイスラインへ DMAE配合「リフト美容液」

エイジングケアは早めに始めるのが吉

エイジングケアは早めに始めれば始めるほど良いです。

特に40代は第二のお肌の曲がり角と言われるほど、劇的にお肌が変化する変わり目でもあります。何もしなけばそのままどんどん老化が進んでいってしまうでしょう。

いかに早くエイジングケアを始めるかで、10年後・20年後の肌にも大きな差が出てくると思います。

「もっと早くから始めておけばよかった・・・」と後悔しないためにも、早めにエイジングケアに取り組むようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
▲PAGE TOP